自分だけのPCを作りたい

パソコン

PCを自作するにあたって

まず自分が自作PCを使って何をしたいのか、具体的な用途を決めましょう。たとえば最新のPCゲームを楽しみたいという方であれば、目安として最低でも15万円ほどの費用がかかります。PCパーツにも様々な用途があり、それぞれ値段も違ってきます。最低限自作PCを組むためには、マザーボード・CPU・メモリ・電源ユニット・HDD・ディスクドライブ・OS・PCケースが必要になります。まずは各パーツの簡単な説明をしましょう。マザーボードは、PCの基盤となるパーツです。このマザーボードにCPU・メモリ・電源ユニット・HDD・ディスクドライブ・を接続します。CPU・・・PCの処理能力を決めるパーツ。性能が高いほど処理がスムーズになります。また、CPUにはソケットの規格があり、これがマザーボードと一致しなければ取り付けできません。メモリとは、主記憶装置とよばれるものです。プログラムを開く速さに影響します。マザーボードの規格によって設置できる数が変動します。電源ユニットとは、PCへ電源を送り込むためのパーツです。これを取り付けなければPCは動かせません。DVDやブルーレイなどを読み取るパーツはディスクドライブと呼ばれています。OSのインストールや、ソフトウェアのインストールの際に使用します。OSは、オペレーティングシステムの略。アプリケーションソフトを起動させるために使用します。OSもソフトウェアなので、ディスクドライブ・で読み込んだ後にインストールして使用します。PCケースとは、PCパーツを収納するための箱です。用途によって様々なサイズを選ぶことができます。自作PCの概観を決めます。上記で紹介したパーツがあればPCとして動かせるものが作成できるでしょう。最低限の性能であれば5万円もあれば充分のはずです。用途に合わせてパーツを選び、どんな自作PCにするのかをよく考えてから作成に取り掛かるのが望ましいでしょう。

Copyright© 2018 自作PCのパーツが欲しい【簡単に組み立てられる】 All Rights Reserved.